京都府の風俗には重要文化財に侵犯しているような快感があります。

  • 2014年03月10日

京都府で風俗体験しました。京都府で、風俗なんていうのも実にいい感じですよね。何か京都府の重要文化財に侵犯しているような。金閣寺という小説があってではありませんか。金閣寺の破壊願望もエロスそのものであったりする訳です。私なりの解釈すれば、性的に抑圧されていた青年が、一気にマスタ○ーションするのに成功したような感じで金閣寺を放火してしまったのではないでしょうか。しかし、京都府で、風俗体験ってどこかにいけないことをしている侵犯意識って生まれてくるのです。だから、性って燃えるのです。だから、性がその場所で価値を持ちはじめても来るのです。性には違反の意識ってどんなに正常な人にだってあるものなのです。女性を破壊する願望といいましょうか。人間は妄想する動物でいろいろなことを考えて女性と向かいあって興奮しているものなのです。そんな私達に更にぴったりなのが、イメクラなのかもしれませんよね。OLの衣装を身に纏えば女の子はみなさんキリリと綺麗に見えるから不思議です。

 

別の遊んじゃった体験